足つぼ・刺激法について

足つぼ・刺激法について

「病気」というほどでもないけれども、それとなく疲労感が抜けない、身体がだるい、頭が重い、といった症状は、「病名」がつかないのみによりいっそう辛い(つらい)ものが有る。

 

このような「それとなくの体調不良」に効果が待望されているのが、ツボ療法である。

 

足ツボ療法は、足の裏に在る経穴(ツボ)を刺激することで全身の健康を統制・管理する、更には飛躍的に向上させようというものである。

 

足ツボの刺激方法には、主として以下の基本中の基本的な4つの方法が有る:

 

●「なぜる、さする」・・・血液とリンパの循環を活発化し、新陳代謝を活発にする。精神状態をリラックスさせる効果が待望できることから、全体の治療の初めと最後に実践すると良いだろう。

 

●「叩く、突く」・・・消化器系が衰退している時には、消化器系のツボを叩く。交感神経が異常なく活動していない時には、ツボを突くことで効果が現れる。

 

●「もむ」・・・足の裏からすねまで使えるテクニックである。血行が良くなり、各器官の機能が高まる。また、筋肉の疲労回復にも効果があると言われる。

 

●「揺らす、ふるわす」・・・ツボとよく類似した効果をもち、身体の臓器や組織と対応したゾーン(反射帯)を振動させると副交感神経が活発に活動するようになる。消化器系の疲労回復に効果があると言われる。この方法は、人にやってもらうとより効果が高まると言われる。

 

これらの4つの方法にプラスして、更に効果をあげるテクニックが有る。親指をカギ字にして押す方法(「カギ字親指法」)と、指を曲げてその角で押す方法(「指角法」)である。

page top