≪高齢化社会と予防医学≫目の老化予防に関した予防医学

≪高齢化社会と予防医学≫目の老化予防に関した予防医学

高齢化社会がいよいよ進み、予防医学の肝心さが医療関係者だけでなく一般の人の間でも認識される世の中になってきている。
人間は誰でも年をとり、加齢にともなって身体のあちこちが弱くなり、もろくなり、若かった頃のようには動かせなくなってくる。
それは仕方のないことであるが、年をとってもできるだけ元気でいよう、と予防医学を実践していく気持ちを持ち、継続することも肝心である。

 

加齢にともなって骨や筋肉が少しずつ衰えてくるのと同じように、目も老化が進むと思う。
水晶体が濁って生じる白内障や、視野の中央部分が見えづらくなる黄斑変性症などがそうである。
目は必須事項以上の光を受けると、活性酸素が発生して老化を進めてしまう。
その為、サングラスを着用するなどして、紫外線などの光刺激から目を守る必須事項が有る。
また水晶体や黄斑部に気のせいか多く在るルテインという成分は、サングラスと同じように紫外線をブロックする活動があるそうである。
その為、ルテインを包含する食品をなるべく積極的に摂ることが、目の老化予防につながるといえるだろう。
ルテインを毎日摂取することで、黄斑変性症や白内障になる危険度が軽減されるという調査結果も近頃では出ているそうである。
ルテインはブロッコリーやほうれん草、リーフレタスなどに含まれている。
また、ルテインのサプリメントも発売されているので、上手に活かすと優秀で便利だろう。

 

ルテインは身体の中で作ることができないため、食品からなるべく積極的に摂りたい成分である。
でもブロッコリーばかり食べる、などと言う事のないように、身体全体のことを考えてバランスよく栄養を摂って欲しい。
高齢化社会だからこそ・・・。

page top