コンタクトレンズのケアの非常な大事性

コンタクトレンズのケアの非常な大事性

コンタクトレンズに不調を訴える患者の気のせいか多くは、間違ったケアの仕方をしているケースの場合が多いものである。
その為に汚れがとれなくて、結膜炎などになってしまうのである。
前に述べたように、メガネ屋やコンタクトレンズ量販店ではケアの仕方までやや徹底させないことが多いので、このようなことが生じることも有る。
また、患者本人が聞き間違えたり、勝手にケア用品を代えてしまったことから生じることも有る。
コンタクトレンズの種類によって、それにあったケアをしないと目に障害ができてしまうのは当たり前のことである。
勝手に解釈しないで、決定された手順を守ろう。

 

ソフトレンズだと、煮沸消毒はしていてもその煮沸をレンズを外してすぐに行い、その前に必須な洗浄を行っていなかったり。
ハードレンズだと、こすり洗いが必須なレンズなのにつけおき洗浄しかしてなかったり。
ソフトレンズやハードレンズの種類によって必須なケアは違ってくる。
絶対にそれを守るようにすべきだ。

 

しかし近頃では「ハードならばどのようなレンズでも活用できる」などと万能をうたっている商品も出回っている。
値段などにひかれることも分かるのであるが、自分のレンズの取り扱い解説書を再度読んで、どのようなケアが自分には必須なのかを比較してから購入して欲しい。
キッチリとしたケアの仕方を行えば、レンズの寿命ものぶからお財布にも優しいものであるし。
コンタクトレンズの種類ごとのケア方法について、また述べていきたいと思う。

page top