夏がビタミン・ミネラルを消費しやすい理由

夏がビタミン・ミネラルを消費しやすい理由

これから夏の暑さの本番を迎えようとしている。
暑くなってくると体力が必要以上に消耗されたり、食欲が落ちてしまったりして結果的に疲労を感じやすくなってしまいがちになる。
その原因には「汗」をかくと言う事が挙げられると思う。
その汗とビタミンとミネラルの関係性をよく掌握して、夏に負けない疲労を感じにくい体つくりをするようにすべきだ。
暑くて汗をかくとビタミンやミネラルが身体の中から失われてゆく。
その汗というのは身体の体温調節を司っている肝心な活動をしていて、気温が高くても体温が一定に保てるように整えてくれている。

 

しかし、体外に出て足を運ぶ汗の中にはビタミンやミネラルが含まれているので、夏の暑さで大量に汗をかくと当然、体内にはビタミンやミネラルが不足してしまうという結果になってしまうのである。
では、そのビタミンやミネラルというのは何故身体に必要なのだろうか。
ビタミンやミネラルというのは身体にある他の栄養素の活動の手助けをしていて、言ってみれば身体の潤滑油のような活動をしているのである。
これがないと他の栄養素の活動は充分に発揮することが出来ないために、やっぱり必要なものであると言う事がわかっている。
ビタミンやミネラルが少なくなると、身体の具合も悪くなったり夏の疲労感から体調不良になったりもしてしまう可能性が有る。
この体内でのバランスを崩さないため、体調を整えるために夏こそ充分に摂取する必要があるのである。

page top