<花粉症の食事治療>野菜

<花粉症の食事治療>野菜

花粉症には野菜を口にする事がいい食事治療につながる。
野菜はたくさん口にしよう。
野菜には花粉症の原因となる刺激物質を体内で増殖させない働きがある。
野菜の他にも豆や海草にも同じくマグネシウムやビタミンがたくさん含有されているのである。

 

また緑黄色野菜には豊富にβカロチンが含有されているのである。
このβカロチンが鼻や目や腸の粘膜をつよくする働きをもってる。
粘膜がつよくなれば花粉が粘膜に付着しにくくなり、花粉症の症状も低減出きると云うわけである。

 

緑黄色野菜の中にはポリフェノールやビタミンCが豊富に含有されているものがある。
これらには抗酸化機能があるから花粉症に更なる効果があるのである。
食事治療に於いては、緑黄色野菜を万遍無く取る事をおすすめする。

 

栄養が偏ったものばっかりを口にしていると、体が自動的に栄養を排出してしまう。
1日3食野菜を釣り合いよく取る事が肝心であるためである。

 

他にはきのこや大豆食品、穀類も鼻や目の粘膜をつよくする働きをもってる。
これらも上手く取り入れて栄養の釣り合いを考慮した食事治療をする事が花粉症に効果を発揮する。
近年欧米型になりつつある食事により栄養の釣り合いが崩壊している事が花粉症等のアレルギー原因と為ってるようである。
野菜、魚、きのこ、大豆等世界でも改善されている和食をベースにした食事治療を実践していくようにすべきだろう。
これが花粉症の症状をやわらげて治癒させる最短距離の道であるためである。

page top